エリートサラリーマンの借金返済

エリートサラリーマン

エリートサラリーマン

エリートサラリーマンの方々は、一般の会社員の方々とは比較にならない程、良い待遇です。その分、日常的に多忙です。エリートサラリーマンに休息の日々はなく、常にお仕事の事を考えたり、プライベートを犠牲にしなければいけない部分が多々あります。しかし、その代わりとして安定した高収入が約束されています。今現在、日本の景気は高度経済成長期やバブル期に比べて著しく低迷しています。

一時期に比べて不況の影響は軽減したものの、他国に比べて良い意味のインフラが起きておらず、サラリーマン全体の給与水準は決してよくありません。それこそ日本の国の規模であれば、本来サラリーマンの平均給与は1000万円を超えていなければいけません。しかし、一般企業の普通のサラリーマンの年収は低く、若い世代に限れば200万円から300万円でも、良い方に区分されます。管理職になっても、お給料がいまいち上がらず、名ばかりの管理職に若い頃から就かされてしまい、返って残業代の未払いが増え、生活苦に陥る若者もいます。

借金

一方でエリートサラリーマンの方々は不況の悪影響が残る昨今でも、年収は1000万円を超えています。能力給が採用されている企業で、管理職に就いていれば、それこそ自営業の方々のように、自分のアイデア次第でお給料は天井知らずで増えていきます。サラリーマンとしての保障があり、なおかつお給料は自分の頑張りでどんどん増える、エリートサラリーマンになるためには、人並み外れた努力と滅私奉公の精神が必要です。年収が2000万円から3000万円になっても、不思議ではありませんし、有能な管理職の方であれば、それ程の利益を得て当然です。

ただし、順風満帆なキャリア形成が出来るエリートサラリーマンの方々がいる一方で、投資に失敗したり、仕事上での責任を取らされて、莫大な借金を背負う管理職の方々もいます。また年収が若い頃に比べて急激に増加すると、どんなエリートの方でも、お金の感覚がズレてしまいます。例えば、1000万円から2000万円、FXや株式投資、あるいはギャンブルに投じても、また働けば年収が2000万円、もらえるので平気だろう、という少し極端な思考に陥ります。

プラスマイナスゼロの間であれば、まだ酷い借金を背負う事はありませんが、そういった思考で生活するのが普通になっていきますと、年収以上のお金を投資するようになっていきます。一度や二度、ある意味で成功してしまうと、ギャンブルにハマった人々のように、危険な投資を繰り返す生活へと至ります。

エリートサラリーマンの方々が、いきなりお酒やたばこなどで借金返済が必要な暮らしに陥る事はありません。しかし、仕事上の過失や危険な投資、あるいは女性問題などで、借金苦に陥る事例は決して稀ではありませんので、もし借金返済の事で悩んでいるようであれば、一人で抱え込まず、専門家に相談しましょう。年収がいくらあったとしても、それを超える借金返済を迫られていたら、いつか破綻します。”