債務整理のよくある相談内容

債務整理相談

債務整理のよくある相談内容とは、何年か前から生活費などが不足したことが理由で、無人自動契約機を利用したり、消費者金融に足を運んで借金をしてしまったというケースです。

毎月の生活費が不足している

毎月の生活費が不足している場合ですと、一時的に補填したところで根本的な解決にはならず、長期的な視野に立たなければなりません。しかし、生活していかないわけにはいかないので、月ごとに借金が増え、消費者金融との約定の日に、決まった金額を返済することが不可能になります。

すると、当然、消費者金融からは返済を迫られることになり、たちの悪い業者からは、職場などにも督促が入るようになるでしょう。平穏な日常生活が脅かされるようになり、法律事務所に相談に訪れることになります。

こういったケースは大変多く、その特徴として、複数の消費者金融から借金を重ねていることです。その理由は、返済のための資金が必要になり、新しい消費者金融に赴き、さらにまたそこへの借金を返すためにと、借金が借金を呼ぶような構造になっているからです。

債務整理の相談内容

法律事務所に来て、まずやることは借金の整理です。すべての消費者金融のカードを弁護士に渡し、契約書や返済予定表などの書類も提出することになります。ここから債務整理を正式に始めることになります。

相談者からの相談内容をくわしく聞きますが、それは債務整理をおこなう上で、任意整理が可能なのか、破産しなければならないのかを見極めるために必要な作業になります。特に借金を背負うことになった理由は、破産の免責事項にも関係してくるので、その事情をきちんと話さなければなりません。

生活費の不足による借金は、よくある相談内容ですが、他にもパチンコなどのばくちや、遊興費の使い過ぎなどの事情が、よく見られる内容です。

これまでの借金に至った経緯を聞いた後で、毎月の返済額を訊ね、実際に返せているかどうかはともかくとして、必要になっている金額をはっきりさせます。その後、本人の月収を確認し、そこから毎月の返済可能額などを割り出します。

その結果によって、任意和解になるのか、破産をするしかないのかが、弁護士の判断によって決まります。弁護士は本人への消費者金融からの督促を止めるため、無事に契約が済んだら、すぐに受任通知を発送します。法律事務所からの受任通知が届いた後は、消費者金融の交渉の相手は弁護士になります。

任意和解である場合

任意和解である場合には、まず利息制限法で引き直した後に、毎月の返済可能額から割り出した額で、長期分割返済の和解交渉に入ります。時間がかかることもありますが、消費者金融もある程度心得ていますので、納得がいけば交渉に応じてくれます。すべての消費者金融と交渉が終わる頃には、業者ごとの返済が始まると思われます。

債務者は毎月、決まった額を法律事務所宛に入金し、後のことはすべて弁護士に任せることになります。すべての借入金と弁護士料を支払えば終了になり、法律事務所からその旨の連絡が入るのです。このように債務整理に多い事案は、生活費の不足が最多であり、ばくちや遊興費がそれに続くものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする