複数ある借金返済の裏技

借金における裏技

借金返済を続けていても、なかなか完済まで至らないという場合には、裏技を駆使してみてはいかがでしょうか。毎月の返済額は借りている金額に応じてあらかじめ決められています。この金額を返済することが出来なければ、遅延損害金が発生してしまいます。そのため、まずは最低限返済しなければならない金額を確認するようにしましょう。最低返済額は決められていますが、それ以上に返済してはいけないというわけではありません。借金の返済というと、分割が一般的ですが、一度に返すことが出来れば、それも可能です。また、お金に余裕があるという時には、繰り上げ返済を行うことにより、返済期間を短縮することが出来ますので、返済総額は少なくなります。
そして、複数のところから借金をしているという場合には、それを一本化することにより、返済管理を楽にすることが出来たり、支払う利息を少なくすることが出来る場合もあります。借金の一本化については、おまとめローンという金融商品を利用すると良いでしょう。なお、おまとめローンは、総量規制の対象とはなりませんので、貸金業者のおまとめローンを利用した場合でも、年収の3分の1以上の金額を借りることが出来ます
また、金利の高いところから借りているという場合には、金利の低いところに借り換えることにより、支払い負担を軽減させることが出来ます。おまとめローンも借金の借り換えも、メリットがあればデメリットもありますので、自身の状況に合わせて選択をするようにしましょう。

借金返済負担が大きすぎる、なんとか軽減したい

借金返済負担が大きい、日常生活に支障をきたしているという場合には、債務整理手続きを行うという方法があります。債務整理には、いくつかの種類があり、本来であれば支払うべき利息を免除してもらったり、借金の返済そのものが免除されるという手続きもあります。最も多くの人が選択していると言われているのが、任意整理という方法です。これは、裁判所を介さない手続きであり、債務者と債権者が交渉をし、利息の支払いを免除する代わりに残金を3年程度で完済するというものです。個人で交渉を行うことも出来ますが、業者を交渉をするにはそれなりの知識・経験が必要となりますので、弁護士などの法律の専門家に手続きを依頼するのが一般的です。
そして、多額の借金を抱えているという人にとって、裏技とも言える方法が、自己破産と言う手続きです。自己破産をすることにより、一定額以上の財産を失う、手続きが完了するまでの期間就くことが出来ない職がある、新たな借入が難しいなどのデメリットはありますが、借金の返済が免除され、新しい生活にむけて一歩を踏み出すことが出来ます。自己破産は、多額の借金を背負った人を救済するための措置であり、借金をした原因によっては認められない可能性もありますが、数百万、数千万円といった多額の借金を返済する必要がなくなるわけですから、間違いなく裏技であると言えるでしょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする