借金返済計画を立てるポイント

借金は増えてくると返しても返しても返済が終わらないような状態に陥ります。
借金があると毎月の収入の何割かを返済に充てなければいけませんし返済が延滞すると信用情報機関に事故情報が登録されるなどすれば信用力が必要なサービスが利用できなる可能性があります

このため借金は出来る限りはやく返済できるように努力する必要があり、本来は借入れた段階から借金返済計画を立てておく必要があります。また借金返済計画を立てずに借金をしてしまった場合でも、借金返済を目指すのであれば計画を立てることが返済完了への第一歩になります。

借金返済計画を立てるポイント


まずはどれだけの借金をしているのかを一覧表にすることです。一箇所から借りている場合にも、実際に借り入れている金額と金利を計算し、また返済した額を計算して残っている借入金の残高を理解し、さらに今後返済する額などを計算して返済がいつ完了するのかを知る必要があります。特に返済金額が小さいと長期間にわたって返済することになりますが、その間もお金を借りた手数料として金利が発生するため、それだけ多くのお金を支払うことになります。このため生活に余裕があるのであれば、借金の返済を優先することが返済を完了するためのポイントになります。また金利が高い場合には、金利の低いものに乗り換える方法もありますが、金額が大きければ効果は高いものの新たな審査を受けなければならないといったことから、リスクが高く一箇所からの借金で金額も十分に返済が可能な金額であれば、返済を優先した方が良いといえます。

多重債務

一方で返しても返しても返済できない状態のひとつに多重債務があります。これは複数の借金がある状態であり、もっとも借金の返済が困難になる理由のひとつです。複数あると返済日が複数やってくることになりますが、個人の多くは収入源は限られており、またその収入のすべてを返済に使うことはできませんから、何らかの臨時出費によって、返済ができなくなり延滞の原因になったり、延滞をしないために新たな借金をするといったことになり悪循環によって陥ります。

借金返済計画では、これらの借金の情報を一覧にして、残高を理解することが重要です。特に金利が高い借り入れは優先的に返済したり、もしくは金利の低い借入先に付け替えるといったことで金利負担を軽減することができます。また借金返済を支援してくれるおまとめローンを利用するのもポイントです。収入のほか生活費などの出入りするお金の流れも理解することが重要ですが、これらを計算しても借金の返済が困難な場合には債務整理も選択肢として考えることが重要です。

なお、借金返済を行う上で支出を減らそうという努力をすることになりますが、このさいに税金に関しては優先的に支払う必要があります。借金は債務整理などで減免や免責されることはありますが、税金だけは自己破産をしても支払う義務が残るためです。 また悪質な税金逃れは高い金利を支払うこともなるため注意が必要です。