商工ローンの債務整理のやり方

商工ローン

商工ローンとは?

商工ローンは事業資金を目的に貸し付けを行うことができ、融資額が大きいことが特徴的です。もし返済が不可能になると、法的措置、例えば裁判や差押えなどの処置がとられることもあるので、その場合を考慮しておかなければいけません。商工ローンの場合、担保はもちろん保証人をとられている場合が多く、保証人の人のこともきちんと考える必要があります。

不用意に受任通知を送付すると、保証人がその後追い込まれるということもあるでしょう。手形を使う業者もあり、もし残債務がある場合、手形がいつ満期を迎えるかきちんとチェックしておきましょう。

商工ローンの債務整理

商工ローンの債務整理にはいくつか手順があります。通常、弁護士などの専門家から商工ローンに対する「受任通知」を発送してもらいます。受任通知を受け取った後、債務者本人に対する取り立てが不可能になり、専門家は通知と一緒に債務者の取引履歴を提出してもらうよう、商工ローンに要求します。

利息制限法

取引履歴が開示されると、専門家がそれに基づき「利息制限法」に従った引き直し計算を行い、合法的な債務額を割り出します。月額の返済額や返済回数、総額に関して和解交渉が行われたり、和解案が提示される流れです。和解内容は債務者の返済能力などによって異なるのですが、これまでの返済額よりは減少されます。

返済回数

返済回数に関して、約3年ぐらいを前提にし、利息は将来的にゼロになるなどの交渉が実施されます。債権者との和解が成立した後和解書などを取り交わし、その後は和解内容に従い返済していきます。返済が滞ることがないようにきちんと支払わなければいけません。和解交渉において将来的な利息がゼロになるので、きちんと支払いを続けることによって完済できる日が訪れます。

債務整理で失敗しないポイント

以上が主な流れですが、商工ローンを利用した後、返済が困難になり債務整理を検討する際、失敗はしたくないものです。通常、弁護士などの専門家に相談するのですが、相談相手によって債務整理結果がいくつか異なることもあり、誰でも良いというわけにはいかないでしょう。

特に任意整理は公的機関である裁判所などを通さずに、 代理人である弁護士や司法書士などといった専門家を間に入れ、債権者となる業者と直接交渉が行われます。

専門家の探し方

最近ではインターネットを利用し、全国にいる弁護士や司法書士などの専門家を探すことが可能です。中には全国にいる専門家にインターネットを利用して気軽に相談したり、質問ができるサイトもあります。

専門家たちも独自のサイトを開設したり、ノウハウを公表していたり、債務に困っている人たちに対して、気軽に相談したり質問することができるサイトもあります。

専門家のメールや電話番号などが公開されているので、これらを利用し自分に合った弁護士などの専門家や、より有利に交渉することができる事務所を探すことができるでしょう。まずは納得のいく弁護士などの専門家と出会うことが、債務整理において失敗しない最初のポイントになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする