自動車ローン審査に落ちるワケ:自己破産や債務整理の経験がある

自動車ローン審査

自動車のような高額な商品を購入する場合、現金一括払いではなく、ローンで支払うケースが増えてきます。ディーラーが用意しているローンの他、銀行などの金融機関のサービスである使用目的を自動車の購入などに特化した金利の安いマイカーローンを利用することができるのも、ローンを選ぶ人が多い理由でしょう。

自動車ローン審査

ただ、自動車ローンは誰でも自動的に利用できるわけではありません。他のフリーローンなどと同じように、自動車ローン審査を受けて、それにパスしなければ利用したくても利用することができません。そうなると、自動車を購入することができなくなる可能性も出てきます。

自動車ローン審査はそれほど難しい審査ではありませんが、それも落ちてしまう場合、どのような理由が考えられるでしょうか。まず考えられるのが過去に金融事故を起こしている場合です。金融事故というのは、フリーローンやクレジットなどの支払いが滞っていたり、それが原因となって任意整理や自己破産のような債務整理をすることを言います。このような過去の金融事故はすべて記録されているので、ごまかすことができません。

債務整理のデメリット

任意整理や自己破産では、借金を減額することができたり、帳消しにすることができるために、ローン返済に苦しんでいる人にとって大きなメリットがあります。そのため気軽な気持ちで債務整理を行う人も少なくありません。しかし、このような自動車ローン審査を落とされて、自動車が購入できなくなる可能性があることも理解しておく必要があります。もちろん、自動車ローンだけでなく、他のローンを利用する場合やクレジットカードを作る場合などの審査も同様に通ら無くなる可能性が高く、様々な点で不便を感じる可能性があることを理解しておく必要があります。

自動車ローン審査が落ちる理由

自動車ローン審査が落ちるその他の理由として考えられるのは、安定した収入がない場合やローンを支払うには無理がある年収である場合です。通常、生活に無理なくローンを返済していくためには、年収の3分の1程度にローンを抑える必要があります。そのためフリーローンなどでは、消費者金融だけでなく銀行などにおいても総量規制で決められている年収の3分1までを融資上限の基準として決められています。

自動車ローン

自動車ローンにはこの総量規制は適用されませんが、しかし、無理なく返済していくということに関しては条件は同じです。年収が300万円であれば100万円までのローンということになります。もちろん、実際の自動車ローンの上限が年収の3分の1までということはありませんが、もし過去に金融事故を起こしたことがなく、安定した収入があるにも関わらず審査に通らないことがあれば、ローン額が高すぎるということを疑ってみるべきでしょう。このような場合は、頭金を多めに用意しておくことで解決することができます。よくわからないときは、ディーラーやローン会社に相談して、アドバイスをもらうことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする