借金返済の方法としてのダブルワーク

ダブルワーク

借金返済にはダブルワーク

借金返済をしようとするのであれば、ある程度まとまったお金を稼ぐ方法を考えなければなりません。普通に生活をしながら節約をするだけで借金返済を実現することができるのであればそれほど困ることもないと思いますが、そうでは無い状況にあるのであれば収入を増やすための何かしらの方法を検討するようにしなければなりません。その方法の1つとして近年注目されているのはダブルワークと言う方法です。

ダブルワークとは

ダブルワークと言うのはその名称が示しているとおり2つの仕事を掛け持ちで働くということを意味しています。これは2種類の仕事をすると言う意味でもあり、2つの場所から給料もらうことになるのが一般的です。アルバイトの身分であればこのような働き方は特別なことではないと言えるでしょうが、もしも正規雇用の職員として働いているのであればダブルワークをする際にはいくつかの点で注意しなければなりません。

会社の規則として認めていない場合

まず考えておかなければならないのはこのような働き方を会社の規則として認めていない場合があるということです。ダブルワークをすると言う事は本業以外でかなりの体力を使うことになりますので、普通に考えた場合本業に影響が出ると心配するのが普通です。

あるいは同業他社で働くことにより情報の漏洩をするリスクを考えて副業禁止にしているケースもあります。そのような規則がある会社に勤めている場合、無断で働くことによりそれ相応のリスクを負うことになると言うことを理解しておかなければなりません。

このような事は言わなければわからないと軽く考えていると思いますが、会社で働いて給料をもらうと言う事は税金の支払い義務が発生することにもつながります。この税金の支払いと言うものはあなたがつながっているのが一般的ですので、何かの拍子にメインとなる本業の職場に知れてしまうということが少なからずあるのです。そのため職場に知られたときに困る可能性があるのであればしっかりと事前に検討しておく必要があるといえるでしょう。

ダブルワークをするのであれば堂々と働くことができるような状態にしておくことがとても大切であり、そのことがトラブルの原因となってしまえば借金返済と言う本来の目的を達成するにあたってもマイナスとなることがあるでしょう。このような仕組みになっていると言うことを最低限理解しておく必要があります。知らなかったでは済まされない知識と言うものも世の中にはあるのです。

仕事中に怪我をした場合

もう一つ注意しておかなければならないのは様々な問題が発生した場合です。例えば仕事中に怪我をした場合にどのような補償を受けることができるのかについては確認しておかなければなりません。仕事中の怪我には労災が適用されるのが一般的ですが、ダブルワークをしている場合においてはどちらの席になるのかについて曖昧な場合があるのです。このような特徴についてしっかりと確認しておかないと思わぬトラブルになってしまうことがあるでしょう。

少しずつ借金返済、完済までの計画を立てよう

クレジットカード

消費者金融はお金を借りやすいことで有名です。アルバイトやパートで働いている人でも、比較的簡単にお金を借りることができます。特に最近はカードローンと呼ばれる特別なカードを利用してお金を借りるサービスが人気です。カードローンはカード限度額までならいくらでもお金を借りられるというサービスです。カード限度額100万円で50万円借りてから、完済する前にまた50万円借りるということもできます。カードローンは便利なサービスなのですが、利用者の金銭感覚が失われてしまう危険性があり、借金返済が出来ずに負債だけが増え続けてしまうことがあります。

消費者金融と高い金利

消費者金融は高い金利率が設定されており、借金返済が長引けばその分の利息を払い続けることになります。金利率18%で50万円借りた場合、1ヶ月で7500円の利息が発生します。利息の計算は金利率、借り入れ残高、借り入れ日数によって変動します。金利率は1年間の利率を指しており、低い方が利用者に有利です。消費者金融よりも銀行系の金融機関を利用すれば金利率を低く抑えられます。借り入れ残高は毎月少しずつ借金返済して減らせば、翌月移行の利息が減ります。借り入れ日数は利息の確定日を指します。通常は月割で毎月利息が発生しますが、借り入れから30日で完済する場合は日割、特殊な借り入れの時は年割で計算されます。
消費者金融でお金を借り入れる時は、完済までの道を計画しておくと良いです。まずは自分の収入がいくらか、銀行預金はどの程度残っているか、副収入は期待できるかなど、自分の置かれた状況を整理すると良いです。そこから借りたい金額を定めて、無理の無い借金返済計画を立てましょう。
借金返済には分割払いとリボルビング払いという返済方法があります。高額の借り入れをする場合、翌月に一括で払うのは難しいので、この返済方法のどちらかを利用することになります。毎月支払える金額の上限や借金総額を考慮して、どちらが良いか考えてみると良いです。

分割払い

分割払いは1つの借り入れを決められた数に分割して、毎月支払うという方法です。毎月の支払いには利息も含まれて計算されています。12分割なら12ヶ月後には完済できているということになります。勿論、支払いの延滞や新しい借り入れを行った場合は計画にズレが生じます。分割払いを計画する時は、完済するまで新しい借り入れをしないようにしましょう。特にカードローンを利用した場合は注意が必要です。

リボルビング払い

リボルビング払いは毎月一定の金額を決めて支払うことができます。一定の金額には条件があり、基本的に利息分は必ず払わなければいけません。しかし、利息分しか払わないと一向に借り入れ残高が減らず、利息を払い続けて損をしてしまいます。リボルビング払いをする時は借金総額によって毎月の返済額を調整するのが好ましいです。例えば、10万円程度の借り入れなら月1万円の支払いでも良いですが、50万円の借り入れで毎月1万円支払うのは利息で損をしていると言えます。分割払いもリボルビング払いも、100万円までの借り入れなら1~2年で完済できるように調整すると良いです。

エリートサラリーマンの借金返済

エリートサラリーマン

エリートサラリーマン

エリートサラリーマンの方々は、一般の会社員の方々とは比較にならない程、良い待遇です。その分、日常的に多忙です。エリートサラリーマンに休息の日々はなく、常にお仕事の事を考えたり、プライベートを犠牲にしなければいけない部分が多々あります。しかし、その代わりとして安定した高収入が約束されています。今現在、日本の景気は高度経済成長期やバブル期に比べて著しく低迷しています。

一時期に比べて不況の影響は軽減したものの、他国に比べて良い意味のインフラが起きておらず、サラリーマン全体の給与水準は決してよくありません。それこそ日本の国の規模であれば、本来サラリーマンの平均給与は1000万円を超えていなければいけません。しかし、一般企業の普通のサラリーマンの年収は低く、若い世代に限れば200万円から300万円でも、良い方に区分されます。管理職になっても、お給料がいまいち上がらず、名ばかりの管理職に若い頃から就かされてしまい、返って残業代の未払いが増え、生活苦に陥る若者もいます。

借金

一方でエリートサラリーマンの方々は不況の悪影響が残る昨今でも、年収は1000万円を超えています。能力給が採用されている企業で、管理職に就いていれば、それこそ自営業の方々のように、自分のアイデア次第でお給料は天井知らずで増えていきます。サラリーマンとしての保障があり、なおかつお給料は自分の頑張りでどんどん増える、エリートサラリーマンになるためには、人並み外れた努力と滅私奉公の精神が必要です。年収が2000万円から3000万円になっても、不思議ではありませんし、有能な管理職の方であれば、それ程の利益を得て当然です。

ただし、順風満帆なキャリア形成が出来るエリートサラリーマンの方々がいる一方で、投資に失敗したり、仕事上での責任を取らされて、莫大な借金を背負う管理職の方々もいます。また年収が若い頃に比べて急激に増加すると、どんなエリートの方でも、お金の感覚がズレてしまいます。例えば、1000万円から2000万円、FXや株式投資、あるいはギャンブルに投じても、また働けば年収が2000万円、もらえるので平気だろう、という少し極端な思考に陥ります。

プラスマイナスゼロの間であれば、まだ酷い借金を背負う事はありませんが、そういった思考で生活するのが普通になっていきますと、年収以上のお金を投資するようになっていきます。一度や二度、ある意味で成功してしまうと、ギャンブルにハマった人々のように、危険な投資を繰り返す生活へと至ります。

エリートサラリーマンの方々が、いきなりお酒やたばこなどで借金返済が必要な暮らしに陥る事はありません。しかし、仕事上の過失や危険な投資、あるいは女性問題などで、借金苦に陥る事例は決して稀ではありませんので、もし借金返済の事で悩んでいるようであれば、一人で抱え込まず、専門家に相談しましょう。年収がいくらあったとしても、それを超える借金返済を迫られていたら、いつか破綻します。”

多重債務の借金返済を相談するメリット

多重債務

多重債務

複数の金融機関からお金を借りていると、借りたお金の管理がやりづらくなって返済が難しくなります。そういう問題を多重債務と呼びますけど、この状態になると普通の方法では借金を返しづらいです。

複数の金融機関からの借り入れに対応する時は、借りている借金の管理と正確な返済計画が必要です。しかし多くの金融機関から借りている場合は、返済方法を考えるのが大変で専門知識がないと対応できません。

借金返済は相談ができる所があって、法律事務所などを利用すれば問題の解決ができます。借りたお金の問題は色々な対策がありますから、いい方法を使えば短期間で返済が可能です。ただそのためには専門知識が必要になるので、借りているお金を減らしたい時は専門家との相談がいります。

法律事務所の役割

法律事務所に借金の問題を相談すれば、どうすれば減らせるのかを教えてくれます。手続きの殆どを代わりにやってくれる所もあるので、そういうところを使えば効果的に借金を減らせます。
多重債務の借金返済をする時は、どのような借金をしているのか確認が必要です。

借金の状態を確認したら返済が可能か計算して、難しいならば債務整理で借金の金額を減らします。もし返済が可能ならばおまとめローンで、借金をまとめて返済しやすい形にすれば解決できます。

多重債務は返済時のトラブルが起きやすく、色々な所から借りているので返済を忘れる問題が起こりやすいです。返済時のトラブルは金融機関との交渉で不利になるため、借金の返済が難しくなってきたら早めの相談が必要です。

多重債務の問題は早い段階で対応をしておけば、ほとんど問題にならない形で解決できます。しかし時間がたってから対応すると借金が大きくなって、返済をする時に負担が大きくなります。

法律には借金が大きくなった時に返済しないですむやり方があるので、そのやり方を利用すれば負担の軽減ができます。債務整理には簡単にできるものもありますから、法律事務所に依頼すればすぐに対応してくれます。

借金返済をする時に専門家に依頼することは大事で、専門家に頼めば殆ど何もしなくても問題を解決してくれます。費用もそれほど大きなものではありませんから、借金返済に悩んでいる方にとって利用しやすいです。

多重債務は正しい手続きをして対応すれば解決できるので、一人で悩まず専門家に相談することが大事です。専門家ならば効果的な借金返済の方法や、債務整理のやり方をアドバイスしてくれます。

債務整理には負担が小さなものもありますので、周囲に気づかれないで借金を減らすことも可能です。そういう方法ならば安心して借金を減らせますから、返済の悩みがある方にとって利用価値があります。

多重債務は複数の借り入れへの対応がいるため、素人だと上手く対応できずどんどん借金が増えやすいです。借金の問題は専門家に相談すると解決できるので、借金返済への対応が分からない時は専門家に頼むと上手く行きます。