借金の楽な返済方法は繰り上げ返済がポイント

繰り上げ返済

繰り上げ返済

返す時が大事

借金を申し込むときは金策で頭がいっぱいかもしれません。審査が通ってお金を借りられたことに安心して一つの大きな仕事を終わったように感じるでしょう。しかし、キャッシングを利用するときは借りる時よりも返す時のほうが大事です。借り入れは1日で、それも最近は1時間もあれば完了します。しかし、返済は数か月、数年と続いていきます。返済のために消費者金融と付き合う期間のほうが長いのです。

繰り上げ返済

お金を借りたら長い返済期間がついてきます。中には返済が大変で生活がままならないという人もいるでしょう。少しでも生活が楽になったり期間を短くしたりするにはどうすればいいでしょうか。ポイントはいくつかありますが、共通する方法は繰り上げ返済です。消費者金融が指定した金額を返済しているだけでは利子ばかり返していて元本は少しずつしか減っていないということもあります。繰り上げ返済をすると、繰り上げた分はすべて元金に充てられますのでかなり借金を減らすことができるのです。少しでも早く終わらせる返済方法とは、いかに余裕資金を作って繰り上げ返済をするかということになります。

余裕資金

余裕資金を作るためには情報を整理することが有効です。情報とは自分のお金に関する情報です。借金に関することだけではありません。月々どれくらいの収入があって、それくらい生活費として使用しているのかを把握する必要があります。収入と支出を把握すれば、無理なく返済できる額が分かります。今まで月1万円返済をしていたのを、少し多めに5千円追加して繰り上げ返済をするだけで最終的に支払う利息がかなり違ってきます。返済を早く終わらせることも可能です。

遅延損害金

また、借金についてもきちんと把握しておきましょう。月にどれくらい返済しているのか、返済日はいつなのかということです。その日を把握せずに自動で引き落としされるようにしておくと、通帳にお金を入れ忘れて高い遅延損害金を支払うことになってしまいます。そうなると利息は減るどころか増えてしまいます。そうならないためにも返済日と返済額はきちんと把握しておきます。これらの情報を整理して、返済計画を立てるようにしましょう。金融会社が指示する返済額はあくまで最低限ですし、金融会社が最も多く利子を取れるような計算になっています。それに従うのではなく、繰り上げ返済を含めた返済計画を立てることが有効です。

弁護士に相談

もしも情報を整理した結果どうしても返済ができないということになれば、弁護士に相談するようにしましょう。債務整理を勧められるでしょう。自己破産、任意整理など種類がありますので、その中から一番自分に合った方法を教えてくれます。債務整理を行うと、信用情報機関に債務整理を行ったという情報が登録されて今後の生活が多少不便になることがあります。そのため、最後の手段となります。しかし、早めに債務整理を行うと生活の再建が早くなりダメージが少ないです。無理だと思ったら早めに相談するようにしましょう。

 

借金返済の方法としてのダブルワーク

ダブルワーク

借金返済にはダブルワーク

借金返済をしようとするのであれば、ある程度まとまったお金を稼ぐ方法を考えなければなりません。普通に生活をしながら節約をするだけで借金返済を実現することができるのであればそれほど困ることもないと思いますが、そうでは無い状況にあるのであれば収入を増やすための何かしらの方法を検討するようにしなければなりません。その方法の1つとして近年注目されているのはダブルワークと言う方法です。

ダブルワークとは

ダブルワークと言うのはその名称が示しているとおり2つの仕事を掛け持ちで働くということを意味しています。これは2種類の仕事をすると言う意味でもあり、2つの場所から給料もらうことになるのが一般的です。アルバイトの身分であればこのような働き方は特別なことではないと言えるでしょうが、もしも正規雇用の職員として働いているのであればダブルワークをする際にはいくつかの点で注意しなければなりません。

会社の規則として認めていない場合

まず考えておかなければならないのはこのような働き方を会社の規則として認めていない場合があるということです。ダブルワークをすると言う事は本業以外でかなりの体力を使うことになりますので、普通に考えた場合本業に影響が出ると心配するのが普通です。

あるいは同業他社で働くことにより情報の漏洩をするリスクを考えて副業禁止にしているケースもあります。そのような規則がある会社に勤めている場合、無断で働くことによりそれ相応のリスクを負うことになると言うことを理解しておかなければなりません。

このような事は言わなければわからないと軽く考えていると思いますが、会社で働いて給料をもらうと言う事は税金の支払い義務が発生することにもつながります。この税金の支払いと言うものはあなたがつながっているのが一般的ですので、何かの拍子にメインとなる本業の職場に知れてしまうということが少なからずあるのです。そのため職場に知られたときに困る可能性があるのであればしっかりと事前に検討しておく必要があるといえるでしょう。

ダブルワークをするのであれば堂々と働くことができるような状態にしておくことがとても大切であり、そのことがトラブルの原因となってしまえば借金返済と言う本来の目的を達成するにあたってもマイナスとなることがあるでしょう。このような仕組みになっていると言うことを最低限理解しておく必要があります。知らなかったでは済まされない知識と言うものも世の中にはあるのです。

仕事中に怪我をした場合

もう一つ注意しておかなければならないのは様々な問題が発生した場合です。例えば仕事中に怪我をした場合にどのような補償を受けることができるのかについては確認しておかなければなりません。仕事中の怪我には労災が適用されるのが一般的ですが、ダブルワークをしている場合においてはどちらの席になるのかについて曖昧な場合があるのです。このような特徴についてしっかりと確認しておかないと思わぬトラブルになってしまうことがあるでしょう。

少しずつ借金返済、完済までの計画を立てよう

クレジットカード

消費者金融はお金を借りやすいことで有名です。アルバイトやパートで働いている人でも、比較的簡単にお金を借りることができます。特に最近はカードローンと呼ばれる特別なカードを利用してお金を借りるサービスが人気です。カードローンはカード限度額までならいくらでもお金を借りられるというサービスです。カード限度額100万円で50万円借りてから、完済する前にまた50万円借りるということもできます。カードローンは便利なサービスなのですが、利用者の金銭感覚が失われてしまう危険性があり、借金返済が出来ずに負債だけが増え続けてしまうことがあります。

消費者金融と高い金利

消費者金融は高い金利率が設定されており、借金返済が長引けばその分の利息を払い続けることになります。金利率18%で50万円借りた場合、1ヶ月で7500円の利息が発生します。利息の計算は金利率、借り入れ残高、借り入れ日数によって変動します。金利率は1年間の利率を指しており、低い方が利用者に有利です。消費者金融よりも銀行系の金融機関を利用すれば金利率を低く抑えられます。借り入れ残高は毎月少しずつ借金返済して減らせば、翌月移行の利息が減ります。借り入れ日数は利息の確定日を指します。通常は月割で毎月利息が発生しますが、借り入れから30日で完済する場合は日割、特殊な借り入れの時は年割で計算されます。
消費者金融でお金を借り入れる時は、完済までの道を計画しておくと良いです。まずは自分の収入がいくらか、銀行預金はどの程度残っているか、副収入は期待できるかなど、自分の置かれた状況を整理すると良いです。そこから借りたい金額を定めて、無理の無い借金返済計画を立てましょう。
借金返済には分割払いとリボルビング払いという返済方法があります。高額の借り入れをする場合、翌月に一括で払うのは難しいので、この返済方法のどちらかを利用することになります。毎月支払える金額の上限や借金総額を考慮して、どちらが良いか考えてみると良いです。

分割払い

分割払いは1つの借り入れを決められた数に分割して、毎月支払うという方法です。毎月の支払いには利息も含まれて計算されています。12分割なら12ヶ月後には完済できているということになります。勿論、支払いの延滞や新しい借り入れを行った場合は計画にズレが生じます。分割払いを計画する時は、完済するまで新しい借り入れをしないようにしましょう。特にカードローンを利用した場合は注意が必要です。

リボルビング払い

リボルビング払いは毎月一定の金額を決めて支払うことができます。一定の金額には条件があり、基本的に利息分は必ず払わなければいけません。しかし、利息分しか払わないと一向に借り入れ残高が減らず、利息を払い続けて損をしてしまいます。リボルビング払いをする時は借金総額によって毎月の返済額を調整するのが好ましいです。例えば、10万円程度の借り入れなら月1万円の支払いでも良いですが、50万円の借り入れで毎月1万円支払うのは利息で損をしていると言えます。分割払いもリボルビング払いも、100万円までの借り入れなら1~2年で完済できるように調整すると良いです。

エリートサラリーマンの借金返済

エリートサラリーマン

エリートサラリーマン

エリートサラリーマンの方々は、一般の会社員の方々とは比較にならない程、良い待遇です。その分、日常的に多忙です。エリートサラリーマンに休息の日々はなく、常にお仕事の事を考えたり、プライベートを犠牲にしなければいけない部分が多々あります。しかし、その代わりとして安定した高収入が約束されています。今現在、日本の景気は高度経済成長期やバブル期に比べて著しく低迷しています。

一時期に比べて不況の影響は軽減したものの、他国に比べて良い意味のインフラが起きておらず、サラリーマン全体の給与水準は決してよくありません。それこそ日本の国の規模であれば、本来サラリーマンの平均給与は1000万円を超えていなければいけません。しかし、一般企業の普通のサラリーマンの年収は低く、若い世代に限れば200万円から300万円でも、良い方に区分されます。管理職になっても、お給料がいまいち上がらず、名ばかりの管理職に若い頃から就かされてしまい、返って残業代の未払いが増え、生活苦に陥る若者もいます。

借金

一方でエリートサラリーマンの方々は不況の悪影響が残る昨今でも、年収は1000万円を超えています。能力給が採用されている企業で、管理職に就いていれば、それこそ自営業の方々のように、自分のアイデア次第でお給料は天井知らずで増えていきます。サラリーマンとしての保障があり、なおかつお給料は自分の頑張りでどんどん増える、エリートサラリーマンになるためには、人並み外れた努力と滅私奉公の精神が必要です。年収が2000万円から3000万円になっても、不思議ではありませんし、有能な管理職の方であれば、それ程の利益を得て当然です。

ただし、順風満帆なキャリア形成が出来るエリートサラリーマンの方々がいる一方で、投資に失敗したり、仕事上での責任を取らされて、莫大な借金を背負う管理職の方々もいます。また年収が若い頃に比べて急激に増加すると、どんなエリートの方でも、お金の感覚がズレてしまいます。例えば、1000万円から2000万円、FXや株式投資、あるいはギャンブルに投じても、また働けば年収が2000万円、もらえるので平気だろう、という少し極端な思考に陥ります。

プラスマイナスゼロの間であれば、まだ酷い借金を背負う事はありませんが、そういった思考で生活するのが普通になっていきますと、年収以上のお金を投資するようになっていきます。一度や二度、ある意味で成功してしまうと、ギャンブルにハマった人々のように、危険な投資を繰り返す生活へと至ります。

エリートサラリーマンの方々が、いきなりお酒やたばこなどで借金返済が必要な暮らしに陥る事はありません。しかし、仕事上の過失や危険な投資、あるいは女性問題などで、借金苦に陥る事例は決して稀ではありませんので、もし借金返済の事で悩んでいるようであれば、一人で抱え込まず、専門家に相談しましょう。年収がいくらあったとしても、それを超える借金返済を迫られていたら、いつか破綻します。”

多重債務の借金返済を相談するメリット

多重債務

多重債務

複数の金融機関からお金を借りていると、借りたお金の管理がやりづらくなって返済が難しくなります。そういう問題を多重債務と呼びますけど、この状態になると普通の方法では借金を返しづらいです。

複数の金融機関からの借り入れに対応する時は、借りている借金の管理と正確な返済計画が必要です。しかし多くの金融機関から借りている場合は、返済方法を考えるのが大変で専門知識がないと対応できません。

借金返済は相談ができる所があって、法律事務所などを利用すれば問題の解決ができます。借りたお金の問題は色々な対策がありますから、いい方法を使えば短期間で返済が可能です。ただそのためには専門知識が必要になるので、借りているお金を減らしたい時は専門家との相談がいります。

法律事務所の役割

法律事務所に借金の問題を相談すれば、どうすれば減らせるのかを教えてくれます。手続きの殆どを代わりにやってくれる所もあるので、そういうところを使えば効果的に借金を減らせます。
多重債務の借金返済をする時は、どのような借金をしているのか確認が必要です。

借金の状態を確認したら返済が可能か計算して、難しいならば債務整理で借金の金額を減らします。もし返済が可能ならばおまとめローンで、借金をまとめて返済しやすい形にすれば解決できます。

多重債務は返済時のトラブルが起きやすく、色々な所から借りているので返済を忘れる問題が起こりやすいです。返済時のトラブルは金融機関との交渉で不利になるため、借金の返済が難しくなってきたら早めの相談が必要です。

多重債務の問題は早い段階で対応をしておけば、ほとんど問題にならない形で解決できます。しかし時間がたってから対応すると借金が大きくなって、返済をする時に負担が大きくなります。

法律には借金が大きくなった時に返済しないですむやり方があるので、そのやり方を利用すれば負担の軽減ができます。債務整理には簡単にできるものもありますから、法律事務所に依頼すればすぐに対応してくれます。

借金返済をする時に専門家に依頼することは大事で、専門家に頼めば殆ど何もしなくても問題を解決してくれます。費用もそれほど大きなものではありませんから、借金返済に悩んでいる方にとって利用しやすいです。

多重債務は正しい手続きをして対応すれば解決できるので、一人で悩まず専門家に相談することが大事です。専門家ならば効果的な借金返済の方法や、債務整理のやり方をアドバイスしてくれます。

債務整理には負担が小さなものもありますので、周囲に気づかれないで借金を減らすことも可能です。そういう方法ならば安心して借金を減らせますから、返済の悩みがある方にとって利用価値があります。

多重債務は複数の借り入れへの対応がいるため、素人だと上手く対応できずどんどん借金が増えやすいです。借金の問題は専門家に相談すると解決できるので、借金返済への対応が分からない時は専門家に頼むと上手く行きます。

複数ある借金返済の裏技

借金における裏技

借金返済を続けていても、なかなか完済まで至らないという場合には、裏技を駆使してみてはいかがでしょうか。毎月の返済額は借りている金額に応じてあらかじめ決められています。この金額を返済することが出来なければ、遅延損害金が発生してしまいます。そのため、まずは最低限返済しなければならない金額を確認するようにしましょう。最低返済額は決められていますが、それ以上に返済してはいけないというわけではありません。借金の返済というと、分割が一般的ですが、一度に返すことが出来れば、それも可能です。また、お金に余裕があるという時には、繰り上げ返済を行うことにより、返済期間を短縮することが出来ますので、返済総額は少なくなります。
そして、複数のところから借金をしているという場合には、それを一本化することにより、返済管理を楽にすることが出来たり、支払う利息を少なくすることが出来る場合もあります。借金の一本化については、おまとめローンという金融商品を利用すると良いでしょう。なお、おまとめローンは、総量規制の対象とはなりませんので、貸金業者のおまとめローンを利用した場合でも、年収の3分の1以上の金額を借りることが出来ます
また、金利の高いところから借りているという場合には、金利の低いところに借り換えることにより、支払い負担を軽減させることが出来ます。おまとめローンも借金の借り換えも、メリットがあればデメリットもありますので、自身の状況に合わせて選択をするようにしましょう。

借金返済負担が大きすぎる、なんとか軽減したい

借金返済負担が大きい、日常生活に支障をきたしているという場合には、債務整理手続きを行うという方法があります。債務整理には、いくつかの種類があり、本来であれば支払うべき利息を免除してもらったり、借金の返済そのものが免除されるという手続きもあります。最も多くの人が選択していると言われているのが、任意整理という方法です。これは、裁判所を介さない手続きであり、債務者と債権者が交渉をし、利息の支払いを免除する代わりに残金を3年程度で完済するというものです。個人で交渉を行うことも出来ますが、業者を交渉をするにはそれなりの知識・経験が必要となりますので、弁護士などの法律の専門家に手続きを依頼するのが一般的です。
そして、多額の借金を抱えているという人にとって、裏技とも言える方法が、自己破産と言う手続きです。自己破産をすることにより、一定額以上の財産を失う、手続きが完了するまでの期間就くことが出来ない職がある、新たな借入が難しいなどのデメリットはありますが、借金の返済が免除され、新しい生活にむけて一歩を踏み出すことが出来ます。自己破産は、多額の借金を背負った人を救済するための措置であり、借金をした原因によっては認められない可能性もありますが、数百万、数千万円といった多額の借金を返済する必要がなくなるわけですから、間違いなく裏技であると言えるでしょう

借金がなかなか終わらない時の賢い借金返済方法

気軽にキャッシングを利用したけれど思いのほか借金の返済が大変だったという人もいるのではないでしょうか。
借金を返済している最中にも急な出費があることもありますし、生活のためのお金もかかります。
つい借り手は返すの繰り返しをしてしまうこともあるでしょう。

借金の返済方法でもっともいけないパターン

借金の返済方法でもっともいけないパターンとは、一社の借金を返済するために他の金融機関から借りることです。
計画的に借り入れをするのであれば問題ない場合もあります。しかし、その場しのぎで借りてしまうのはよくありません。
自転車操業に陥り、最終的にはどこの金融機関でも限度額いっぱいになってしまいます。そうなると残されるのは多額の借金のみです。返済するのは非常に困難になってしまうでしょう。

賢い借金返済方法の一つは家計のスリム化です。生命保険や携帯やスマートフォンの通信料を見直すだけでも家計が助かります。浮いたお金を借金の返済に回すことができます。毎週のように家族で外に出かけているのなら外食を減らすのも効果的です。おにぎりを持って行ったり、お出かけ先のスーパーなどでお惣菜を買って公園や景色のよいところで食べると節約になります。

おまとめローンとは

家計を見直しても解決しない場合におすすめなのがおまとめローンです。たくさんの金融会社からお金を借りていては返済日も返済額も金利もバラバラで管理も大変です。また、相場よりも高い金利で借りている場合もあります。そのようなときはおまとめローンなどを検討してみましょう。大口の借り入れになりますので金利が安くなる場合もあります。また、返済先が1社に減りますので返済は1ヶ月に1回になって金策が楽になります。返済先が減ったことで1ヶ月当たりの返済額が減ることもあります。このとき注意する点は、借金総額は変わっていないことを認識しておくことです。月々の支払いは減っても完済日までの日程は長くなっています。繰り上げ返済をしないおなかなか借金を終わらせられないという事態になります。

おまとめローンも断られるなどしてどうしようもなくなれば、最後の手段は債務整理です。借金の返済が生活を圧迫して将来的に生活ができなくなりそうなときに利用できます。任意整理、個人再生、自己破産などがあります。
借金総額と収入のバランスによってどれを選択するかを決めることになります
金融会社に借金を大幅に減額してもらったり、すべてを支払わなくても済むようにしてくれます。債務整理を行ったという情報は信用情報機関に登録されますので、数年間は新しく借金をしたり、ローンを組むことができなくなります。クレジットカードを持つこともできないでしょう。利用したい場合は弁護士に相談をするのが一番簡単です。自己破産なら自分でもできないことはありません。しかし、任意整理は金融会社との交渉もありますので弁護士に依頼したほうが有利になります。もしも迷っている場合は弁護士と相談した上で決めることもできますので、まずは弁護士事務所に行ってみましょう。

借金返済計画を立てるポイント

借金は増えてくると返しても返しても返済が終わらないような状態に陥ります。
借金があると毎月の収入の何割かを返済に充てなければいけませんし返済が延滞すると信用情報機関に事故情報が登録されるなどすれば信用力が必要なサービスが利用できなる可能性があります

このため借金は出来る限りはやく返済できるように努力する必要があり、本来は借入れた段階から借金返済計画を立てておく必要があります。また借金返済計画を立てずに借金をしてしまった場合でも、借金返済を目指すのであれば計画を立てることが返済完了への第一歩になります。

借金返済計画を立てるポイント


まずはどれだけの借金をしているのかを一覧表にすることです。一箇所から借りている場合にも、実際に借り入れている金額と金利を計算し、また返済した額を計算して残っている借入金の残高を理解し、さらに今後返済する額などを計算して返済がいつ完了するのかを知る必要があります。特に返済金額が小さいと長期間にわたって返済することになりますが、その間もお金を借りた手数料として金利が発生するため、それだけ多くのお金を支払うことになります。このため生活に余裕があるのであれば、借金の返済を優先することが返済を完了するためのポイントになります。また金利が高い場合には、金利の低いものに乗り換える方法もありますが、金額が大きければ効果は高いものの新たな審査を受けなければならないといったことから、リスクが高く一箇所からの借金で金額も十分に返済が可能な金額であれば、返済を優先した方が良いといえます。

多重債務

一方で返しても返しても返済できない状態のひとつに多重債務があります。これは複数の借金がある状態であり、もっとも借金の返済が困難になる理由のひとつです。複数あると返済日が複数やってくることになりますが、個人の多くは収入源は限られており、またその収入のすべてを返済に使うことはできませんから、何らかの臨時出費によって、返済ができなくなり延滞の原因になったり、延滞をしないために新たな借金をするといったことになり悪循環によって陥ります。

借金返済計画では、これらの借金の情報を一覧にして、残高を理解することが重要です。特に金利が高い借り入れは優先的に返済したり、もしくは金利の低い借入先に付け替えるといったことで金利負担を軽減することができます。また借金返済を支援してくれるおまとめローンを利用するのもポイントです。収入のほか生活費などの出入りするお金の流れも理解することが重要ですが、これらを計算しても借金の返済が困難な場合には債務整理も選択肢として考えることが重要です。

なお、借金返済を行う上で支出を減らそうという努力をすることになりますが、このさいに税金に関しては優先的に支払う必要があります。借金は債務整理などで減免や免責されることはありますが、税金だけは自己破産をしても支払う義務が残るためです。 また悪質な税金逃れは高い金利を支払うこともなるため注意が必要です。

借金返済の相談窓口は色々あります

日本人の10人に1人は銀行のカードローンや消費者金融会社のキャッシングを利用したことがあると言われており、金融機関のテレビコマーシャルなどによって借金のハードルが下がっています。また、銀行にあるATMコーナーでキャッシュカードを利用してお金を借りられる仕組みが構築されており、気軽に借金をするケースも増えています。銀行カードローンが一般化したことによって、借金返済に行き詰る人も多くなっており、その中には高金利のヤミ金業者からお金を借り手、カードローンの返済にあてるケースも出てきています。中央銀行である日本銀行のマイナス金利政策が続けられている中、銀行のカードローン金利は高めに設定されており、 その返済のために違法なヤミ金業者から更なる高金利でお金を借りることは、経済的にみて合理的な行動ではありません

弁護士に相談

銀行のカードローンや消費者金融会社のキャッシングの返済が難しくなった場合、早い段階で弁護士や司法書士などの専門家に相談することが大切です。専門家への相談費用を気にする人がいるかもしれませんが、最近の法律事務所や司法書士事務所は初回相談無料になっているところがあります。

また、市役所や区役所などの行政機関で、無料の法律相談窓口を設定しているところがあります。これらの窓口を利用することで、コストをかけることなく専門家の意見を聞き、借金返済の問題解決の糸口を探すことができるようになっています。インターネットにつながっているパソコンやスマートフォンで、「借金返済、無料相談」と検索するだけで、さまざまな機関が見つけることが可能です。

借金返済について専門家と話をすることによって、債務整理手法をいくつか紹介してもらうことができます。 債務整理として一番有名なものは自己破産ですが、実際にもっとも利用されている手法は任意整理です。任意整理は、借金の金利分をカットし、3年から5年かけて債務の元本部分を返済していくための裁判外手続きになります。

弁護士や司法書士などの代理人に正式に依頼を行うことで、債権者と直接交渉を開始してくれます。任意整理は裁判所を通さない手続きであるため、債務者の意向を受けた代理人が、借金の減額や返済期間の延長などを債権者に対して依頼することになります。

代理人と債権者が合意に到達すれば、債務者は金利分をカットした借金の元本部分を3年程度かけて返済していくことになります。任意整理を利用することによって、家族や職場に知られる可能性が低く、社会生活に与える影響を最小限におさえて債務整理を実行することが可能です。

自己破産の可能性

借金額が大きい場合などは、 自己破産を検討することになりますが、保有する不動産や金融資産が差し押さえられることになり、家族への影響が大きいことから、実際の手続きに入る前に代理人と相談し、家族にも現状をきちんと伝えておくことが大切になります。任意整理や自己破産以外にも、個人再生などの債務整理手法があります。

借金返済の毎月の返済額に異変が生じました

結婚して10年目子供が大きく成り始め思い切って郊外の一戸建て住宅の購入を考え始めました。会社に入社して15年目の30代の私に取っては冒険に等しい挑戦でした。
先ず目指す新築住宅を嫁と相談して決め購入金額にその他の必要経費を加え概略の予算を立案しました。
次に住宅購入用の資金計画として自分達の貯金額をベースに双方の両親からの支援金額を加え自己資金とし、残りは全て借金で賄う様にしました。
更に毎月の支払可能な返済額を計算する為に自分の給料を予測し通常の支出として生活費、子供の教育費、塾の月謝等を計算しました。現在の生活レベルを維持しながら借金返済を行うには私の給料、ボーナスが毎年上がる事が前提になる事が分かりました

購入へ

会社からの借入金に住宅金融公庫や都市銀行からの借入金で何とか住宅の購入は可能になり業者と最終打ち合わせを行い念願の一戸建て住宅を購入しました。直ぐに借入先から書類が届き毎月の借金返済を銀行口座の自動引き落としにする様指示が有りました。新しい住宅は広々として居り子供たちのお部屋もあり、誕生会もその部屋で開きました。家族も笑顔、笑顔の連続で私も一心不乱に仕事に励みました。営業職の為個人の成績に依る査定の割合が一般社員と比較して高くやりがいがありますが、 反対に成績が悪い時はその逆になるのです。何とか順調な返済が進み始めました。子供が進級し始めますと塾のクラスも高学年用になり塾の費用も上がり始めました。更に嫁がパートに行くという条件で家具類の買換えを提案して来ました。私は毎月の借金返済の件も有り、暫く様子を見るつもりでしたが、嫁の学生時代の同期生に自宅のお披露目をしたいと言って引き下がりませんでした。確かに家具類は新しくなりましたが、家計は火の車に近づき始め嫁がパートに出て働き始めました。その頃から家計が気になりだし、私が嫁に小言を言い始めました。

返済額の異変

嫁は疲れ切った状態でパートから帰り料理をしますが、徐々に店屋物が多くなり、子供たちから非難が出始めました。即ち返済額に異変が生じる様な事態になりそうなのです。色々考え金融機関に毎月の返済額の件で我が家の事情を説明しながら変更を求めました。面談して頂いた金融機関の担当者の方から無料で条件変更するやり方やその他の温かいアドバイスを貰い心が落ち着きました。テレビの借金取りを想像していましたが、予想だにしていない慰めの言葉に涙が出そうになりました。自宅に戻り帰宅した嫁と子供たちに金融機関での出来事を説明し毎月の返済額の変更を伝えました。嫁も子供たちも笑顔は無く、ただ私の説明にうなずくだけでした。嫁と子供たちに現状の説明をしただけで家族の一体感が出てきました。長男は家計を考え新聞配達のバイトをしたいと言い始めました。勉強を優先させてほしい為さすがにそれは止めさせましたが、その気持ちがとても嬉しかったのです。何とか乗り切れる予感がしてきました。