借金返済を法律事務所に相談するには

債務整理弁護士相談

借金問題

キャッシングやクレジットカードなどで、多額の借金をしてしまい、返済ができなくなってしまった場合、できるだけ早い段階で、今後の借金返済の方法を考える必要があります。多くの債務者は、なんとか返済しようと一人で抱え込む傾向があるのですが、時間の経過とともに、確実に状況は悪化してしまいます。それよりも合法的な方法で借金を減額する方法を選択することが大切であることは言うまでもありません。

借金返済

さて、合法的な借金を減額する方法には、主に「任意整理」「個人再生」「自己破産」があります。

任意整理

任意整理は、借金の総額から、利息部分を減額し3〜5年間で、元金を返済する方法となり、基本的には職場や家族にも知らせないで解決できます。

個人再生

個人再生は、任意整理を選択するには、借金の総額が大きい場合、借金を総額の5分の1程度に圧縮して3〜5年で返済する方法です。基本的に、任意整理、個人再生とも、住宅を含め現在の財産はそのまま残せるメリットがあります。

自己破産

これらの方法でも返済が困難な場合には、自己破産を選択することになります。自己破産は、借金がゼロになりますが、住宅をはじめ、主だった財産は全て差し押さえられてしまいます。ただし、原則、仕事を失うことはありませんし、借金は合法的になくなりますから、督促に苦しむことを思えば、最良の方法です。

債務整理は弁護士相談

借金返済について相談したくても、家族や会社には知らせたくないという人も少なくありません。このように返済が厳しくなった借金は法律で認められた方法で解決するのが、一番、適正な方法です。そこで、頼りになるのが法律事務所です。彼らは法律の専門家ですから、借金の状況から最良の解決方法を提示してくれます。

最近では、法律事務所ポータルサイトにおいて、債務整理の弁護士無料相談を受け付けていますので、利用してみるとよいでしょう。
参考:債務整理弁護士相談Cafe

これは、ネット上のアンケートに回答することで、どういった借金返済の方法があるのか、簡単な診断を行なってくれるとともに、今住んでいる地域の法律事務所を紹介してくれるシステムです。もちろん、ここまでは匿名での相談になりますから、誰かに知られることはありません。

その後、こちらからコンタクトを取ることで、正式に法律事務所に借金返済について相談することになります。その際には、借金の総額・借入先・督促の状況、税金等の滞納の有無、現在の収入あたりを整理しておくと、スムーズに相談することができます。そこでは、より具体的な解決方法、法律事務所にかかる費用などが示されますので、納得できれば正式に依頼という運びになります。

借金返済について、法律事務所に相談することに対しては、躊躇したり抵抗を感じる人が大半ですが、あくまでも合法的に解決することであり、そのままにしておくと悪い結果しか待っていません。

任意整理をはじめとする、借金の減額制度は、借金に苦しむ人々に最悪の結果をもたらさないよう、再生の機会を与える制度ですから、その主旨を理解し早急な対策を講じることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする